PR

【ミスで落ち込む?】新人が普通に仕事するための3つのポイント

【ミスで落ち込んでる?】新人が普通に仕事するための3つのポイント 仕事の悩み

「あーまたやっちった」

「あれだけ確認したのにな…」

と、自分ではチェックしてたつもりなのに、なんかミスしちゃうことってありますよね。

それが新人だとなおのことでしょう。

本記事は「仕事のミスで落ち込む新人さん」へ、普通に仕事をこなすためにすべき3つのコトをお伝えします。

ミスしたときの先輩・上司の冷ややかな視線を、もう浴びたくない方はぜひ最後までご覧ください。

新人がミスで落ち込むのは全然いい

まず、ミスで落ち込む、気にしちゃうことは悪いコトではありません。

責任感があっていいことだと思います。

むしろ、ミスしてもヘラヘラして、先輩に尻ぬぐいさせることをなんとも思わないヤツの方が、私は嫌いです。

そういう図太いヤツの方が、意外とうまくいっちゃうのかもですが。

けど、落ち込むのは3分まで

でも、落ち込むのは3分までにしましょう。

落ち込んでも、切り替えて仕事しても、結局ミスは消せません。

だったら、反省して次の仕事を頑張る。

その方が賢明でしょう。

ちなみに

「落ち込むのは3分まで」は、『年収1億円になる人の習慣』の著者・山下さんの仕事での決め事です。

【実話】ミスの多い新入社員は辛い時期でした

【実話】ミスの多い新入社員は辛い時期でした

とはいえ、

私自身も新人時代は、ミスが多くて辛かったです。

切り替えって意外とできないんですよね…。

くまなく確認したのに不備のある資料

私がよくやっちゃってたのが資料作りのミスです。

くまなく確認したはずなのに、誤字があったり、数値が間違っていたり。

忘れ物しないように確認したのに、やっぱりない、みたいな(笑)

ミス続きで「次はさすがに」というときにやらかしちゃう

なかでも、落ち込むのが「ミスが続いて、さすがにもう次はヤバそう」というときに、些細なコトでミスしちゃったときです。

「もう一生ミス続きなんじゃ…」

と、不安になっていました。

関連記事:朝泣いてしまうほど会社行きたくない新卒がすべきたった1つのこと

新人が仕事力をあげるためにできること3選

新人が仕事力をあげるためにできること3選

では、新人が普通に仕事をこなせるようになるには、どうすればいいのでしょうか。

  1. 質問力を上げる
  2. ミスをしても「本当の自分」を責めない
  3. 中央線で1日10分 聴く読書

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

①質問力をあげる

まず、1つが「質問力をあげること」が重要だ、と私は思います。

というのは、私は質問力・相談力が乏しく、先輩に質問しても

知りたい答えが返ってこない…

なんてケースがよくあったからです。

お恥ずかしい限りですが…(笑)

また、

私自身、2年目に後輩をもってわかったことがあって、それが

不安なら訊いてほしい!

ということ。

92歳 総務課長の教え』という本にも、上司の立場から、こんなことが綴られていました。

以下、引用です。

私は課長として、仕事を依頼する立場でもあります。その際、まだ仕事に慣れてない新人であれば、手順書を作って渡すこともあります。

手順書を渡しても、頼んだ納期通りにできない人もいます。その場合、依頼をした私にも責任があります。

ですから、上司の立場としても、早めに「先日ご依頼の仕事の件ですが」と相談してもらった方が助かるのです。

  

もはや、質問力というより「コミュニケーション力」ですが、新人でミスが多い方は、不安なら誰かに訊くことを意識してみましょ。

仕事は1人でするものではないですから。

参考書籍
>>92歳 総務課長の教え

②ミスをしても「本当の自分」を責めない

続いて、ミスをしても「本当の自分」は責めないこと、です。

というのは、私の経験談ですが、

仕事でミス → 自信なくす → プライベートもつまらない

という悪循環にハマったことがあるから。

実際、

こうなると、出会い系の人とご飯行こうにも、なんか切り替えられず、楽しめなかった記憶があります。

仕事の話になると、急にシュンとしちゃったり(笑)

私の例は極端でしょうが、あくまでもミスをしているのは「仕事の自分」なので、「本当の自分」を責めることはやめましょう。

③本を読んでみる

そして、さいごにおすすめしたいのが「読書」です。

というのは、私は本を読むことで、下記のようなメリットがあると思うからです。

本を読むメリット
  • 仕事力UPのヒントがみつかる
  • 成功者の思考をダイレクトに学べる
  • 新しいことを学ぶときに読書の習慣が生きる

まあ、めっちゃ正直に言うと、本を読んだからといって、すぐ仕事できるようになるワケではありません。

私も結構読んでたつもりですが、「これ!使えるかも」という情報に出会えるのは、たまにでした。

それでも、タメになることはありましたし、スマホで時間を浪費してたときよりいいな、という感覚がありました。

それに

最近は、本もサブスクがあって、1冊1,500円とかかけなくてもよくなってきました。

私が愛用してるのが「kindle unlimited」で、200万冊以上が読み放題です。

kindleの特徴

月980円はかかりますが、初めての方は30日間無料でお試しできます。
>>kindle unlimited 30日間無料の詳細を見る

さいごに

では、さいごにまとめです。

この記事のまとめ
  1. 新人がミスで落ち込むのは全然いい
    • けど、落ち込むのは3分まで
  2. 新人が普通に仕事をこなすために
    • 質問力を上げる
    • ミスをしても「本当の自分」を責めない
    • 本を読む

ミスって、程度によりけりですが、まあ極力したくないモノですよね。

でも、個人的には悪いのはミスではなく、ミスした後に他責したり、必要以上に自分を責めるコトです。

成功は失敗の母

とはよく言ったもので、失敗から学べる事はたくさんあります。

本記事を読んでくれたあなたが、ミスから学びつつ、本記事でお伝えしたことも試してくれたら嬉しいです。

この度はありがとうございました!

紹介した読書サービスはこちらです。
>>kindle unlimited 公式サイト

プロフィール
このサイトを運営している人
ラッコ

・4年制大学出身
・新卒でIT企業へ就職
・当サイトでは、その経験を活かし、「若手社員のお悩みの解決策」をお伝えしていきます。

ラッコをフォローする
仕事の悩み
スポンサーリンク
若手社員のお仕事相談室