PR

【知らなきゃ損】どうでもいいことを指摘してくるマンに勝つ方法

仕事の悩み

「ちょっとしたことでめっちゃ注意してくる上司がマジでうざい」

「あーもうわかってるって!」

など、どうでもいいことを指摘してくる上司ってホントにいますよね。

私もIT企業での新人時代、上司が細かいことでいちいちメッセージしてきて、結構イライラしていました。

 
ラッコ
いやいや、自分はどうなの?

と、ムカつくんですよね。

本記事では、そんな「どうでもいいことを指摘してくる人の心理」から、「私がとった対策」までお伝えするので、ぜひ最後までご覧ください!

どうでもいいことを指摘する人の心理

どうでもいいことを指摘する人の心理

どうでもいいことを指摘してくる人の心理は、以下の通りです。

  1. 思い通りじゃないと気が済まない
  2. 人の上に立って、認めさせたい
  3. 完璧主義

順番にみていきましょう。

①自分の思い通りじゃないと気が済まない

まず、考えられるのが「思い通りじゃないと気が済まない性格」です。

この考え方って、ベクトルが自分だけに向いてるならいいんですが、「他人」にも求められるとしんどいですよね。

 
ラッコ
悪く言うと、柔軟に物事を考えれない人…。

②人の上に立って、認めさせたい

また、どうでもいいことを指摘してくる人は「人の上に立って、認めさせたい欲」が強いケースもあります。

いわゆる、マウントですね。

 
ラッコ
うーん、まあいますよね。

大したことじゃないのに指摘してきて、ちょっとドヤる人…。

③完璧主義

完璧主義な人も、いちいち指摘する人が多いです。

恋愛でいうところの、

 
ラッコ
外見はいいけど、一緒にいると疲れる人、ですね。

【実話】私が経験したどうでもいいことを指摘してくる上司

私も会社員時代は、上司が「ネチネチ」していて、どうでもいいことでいちいち指摘されました。

 
ラッコ
自分は育休とって、職場に迷惑をかけてたくせに。

(愚痴ってもしゃーないですね…w)

たった60円に関して長文メール

私が1番腹が立ったのは、たったの「60円」で長文メールがきたときです。

詳しく言うと、私が健康診断の会場から直帰した際、いつもより60円電車賃が高くなったことに関しての指摘でした。

指摘内容は、

「定時内での直帰なんだから、遠回りになってもいつものルートで帰れなかったの?」

という感じ。

私は、

 
ラッコ
健康診断って、会社が受けろっていうから仕方なく行くヤツじゃん…。

とか、

「たったの60円じゃん、しかもネコババしてるワケでもなく、普通にかかってるし…」

と、イライラが止まりませんでした。

しかも、

のちの定例会議でやり玉に挙げられもしたので、ウザいを通り越して呆れました。

なんというか、気持ちはわかるけど、もっと他に注意するとこあるでしょ?生活残業してるおっさんとか…

って感じでした(笑)

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://brako-blog.com/work/stress/changing-jobs-because-boss-is-uncooperative/ target=]

関連記事:【決定版】直属の上司と関わりたくないから転職はアリ?ナシ?

どうでもいいことを指摘してくる人にはどう対処する?

今のはほんの一例で、他にも些細なことでよく指摘されました。

 
ラッコ
これが2-3年は続くのかな、と考えると恐ろしかったです。

結論:私は離れる準備をした

なので、私は本気で「会社を離れる準備」をしました。

具体的には、禁止だったけど、副業を始めて、会社以外の収入源を確保しようと行動しました。

SNSで発信したり、Webライターに応募したり、はたまたセルフバックしたり。

とにかく色んなことをやりました。

 
ラッコ
そのくらい、将来が怖かったです。

ただ、

そのおかげで退職して1年経つ現在、ライター兼ブロガーとしてなんとか暮らせています。

理由:職場全体も覇気がなかった

当時、将来が不安だったのは、上司が「ネチネチ系」だと、職場全体もなんかドンヨリしていたからです。

覇気がない、というか。

 
ラッコ
こんなとこにいたらダメになる。

と、毎日ヒマがあれば、こんなことばかり頭に浮かんできていました。

とはいえ、いきなり「副業」をやるのは、ちょっとハードルが高いのも事実でしょうか。

でも、

仕事で細かいコトでいちいち指摘される生活が、何年も続くと考えたらどうでしょう。

 
ラッコ
かなりストレスだと思います。

なので、副業ではなくとも、転職活動をしてみるなど、少しでも行動をしておくことをおすすめさせてください。

おすすめは下記にまとめてみたので、ぜひ。

1位2位3位
サービス名マイナビジョブ20’sRe就活doda
求人数4,800件~10,000件~200,000件~
第二新卒
(20代向け)

(全世代対象)
特徴・第二新卒専用転職エージェント・20代の転職サイト
・無料の適職診断
・日本最大級の転職サイト
・キャリアアドバイザーの質が高い

さいごに

求めてばかりはよくないんでしょうけど、可能なら尊敬できる人が多い職場がいいですよね。

例えば、

「いつも厳しいけど、信頼はできる女性の上司」

みたいな。

 
ラッコ
私はこんな人が理想でした。

そんなカンタンに出会えるワケではないけど、

あの人のおかげで今の自分がある

とか、将来言えるような、そんな上司・先輩と仕事ができたらいいですね。

 
ラッコ
ということで、今回は以上です。

ご紹介した転職サービスはこちらです。

1位2位3位
サービス名マイナビジョブ20’sRe就活doda
求人数4,800件~10,000件~200,000件~
第二新卒
(20代向け)

(全世代対象)
特徴・第二新卒専用転職エージェント・20代の転職サイト
・無料の適職診断
・日本最大級の転職サイト
・キャリアアドバイザーの質が高い
プロフィール
このサイトを運営している人
ラッコ

・4年制大学出身
・新卒でIT企業へ就職
・当サイトでは、その経験を活かし、「若手社員のお悩みの解決策」をお伝えしていきます。

ラッコをフォローする
仕事の悩み
スポンサーリンク
若手社員のお仕事相談室