PR

【満員電車は頭おかしい】でも、なくならない←その当然なワケとは?

【満員電車は頭おかしい】でも、なくならない←その当然なワケとは? 仕事の悩み

「マジで電車混みすぎ」

「満員電車って、頭おかしい…」

など、満員電車ってキツいですよね。

私なんか、ホームに並んでる人がたくさんいるだけで、ちょっと気持ち悪くなっていました。

もう戻りたくない…。

本記事では「満員電車がなぜなくならないのか」、そして「どうすれば避けることができるのか」についてお伝えします。

満員電車は頭おかしい

満員電車は頭おかしい

満員電車ってホント頭おかしいですよね。

私は先輩に相談しても、

「満員電車くらいで泣き言なんて甘えだろ」

「気持ちはわかるけど、乗らなきゃ仕事にならない」

的な感じで、全く取り合ってもらえませんでした。

けど、みんな乗るし、当たり前になってる

でも、絶対おかしい…。

少なくとも、大半の人は「イヤ」なはず。

だけど、みんな乗るし、会社に行かなきゃいけないから、当たり前になってるんですよね。

朝なんて、散歩して、優雅にコーヒー飲んでる人もいるのに、です。

満員電車は気持ち悪いのになぜなくならない?

満員電車は気持ち悪いのになぜなくならない?

では、なぜ満員電車はなくならないのでしょうか。

ぶっちゃけ、みんな会社の奴隷になってるから

語弊を恐れずにいうなら、

会社員がみんな、会社の「奴隷」になってるから、だと私は思います。

つまり、大半の会社員は、会社の言う通りに行動するしかないので、満員電車に乗らざるを得ないんです。

具体的には、

「始業時間が9時だから」

「週3は出社というルールだから」

など。

コロナ禍では、会社が「在宅しろ」と言えば、みんな何やかんやで自宅で仕事ができる環境を整えたと思います。

とはいえ、

会社員をバカにしているのではありません。

会社員は会社員でとても偉いし、素晴らしい仕事だと思っています。

だけど、会社に楯突くと生活ができないので、超ストレスの満員電車も乗らざるを得ないのは事実でしょう。

頭おかしい満員電車を避けるために

頭おかしい満員電車を避けるために

では、

満員電車を避け、朝余裕をもって起きて、朝ごはんをつくったり、本読んだりするにはどうすればいいのでしょうか。

個人的には、下記2つの選択肢がある、と思っています。

  1. フレックス・在宅など、柔軟な働き方の会社へ
  2. 会社に依存しない生きる力を身につける

ちなみに、私は新卒2年目でフリーランスの道を選びました。

フレックス・在宅など柔軟な働き方の会社へいく

まず、フレックスが導入されていたり、在宅が多いワークライフバランスのとりやすい会社への転職です。

こういう会社って、制度のさることながら、働いてる人も価値観が似てるので、非常に働きやすいと思います。

1ケ月インターンした会社がそういう雰囲気だったので。

(選考は見事に落ちましたw)

※フレックスとは、1日8時間働くなら、朝早くなくてもOK、的なルール。

会社に依存しない生きる力を身につける

続いて、会社に依存しない生きる力を身につける、です。

理想は、会社からの収入がなくても食ってける状態、です。

私が知ってる限りだと、満員電車がイヤすぎてWeb制作で月30万稼いでたヤツとか、ママさんで月10万ブログで稼いでる人、がいます。

私はフリーランスになりました

かくいう私は、Webライターとブロガーとして暮らしています。

満員電車が嫌すぎました。

(もちろん、会社そのものもイヤでした。)

今は基本は家で作業しつつ、たまにタリーズのカウンター席でちゃっちゃと仕事してたりします。

ただ、おすすめはしません。

満員電車に乗らなくて済むけど、収入は不安定だし、1人で働く寂しさと言ったらもう…だからです(笑)

なので、

満員電車が憂鬱な方には、ワークライフバランスのとりやすい会社で働くことをおすすめします。

実際、昨今は「20代専用の転職サービス」もあるくらい、転職サイトの充実はすごいです。

おすすめは下記にまとめているので、ぜひ参考にしてください!

1位2位3位
サービス名マイナビジョブ20’sRe就活doda
求人数4,800件~10,000件~200,000件~
第二新卒
(20代向け)

(全世代対象)
特徴・第二新卒専用転職エージェント・20代の転職サイト
・無料の適職診断
・日本最大級の転職サイト
・キャリアアドバイザーの質が高い

さいごに:満員電車が頭おかしいと思うのは正しい

満員電車がなくならない理由は、会社員が会社の「奴隷」だから、でした。

どストレートに言うと、これが真実です。

満員電車はおかしいと感じるうちに、その環境から抜け出さないと、奴隷になってることすら気づけない会社員になりかねません。

それに

成功者ほど朝の時間を大事にしている、と言います。

例えば、アップル創業者のスティーブ・ジョブスは、毎朝6時に起きて、朝の時間を大事にしていた、というのは有名な話。

満員電車でストレスを感じる人と、どれくらい差が出るか、は火を見るより明らかですね。

ということで、今回は以上。

ご覧いただき、ありがとうございました!

1位2位3位
サービス名マイナビジョブ20’sRe就活doda
求人数4,800件~10,000件~200,000件~
第二新卒
(20代向け)

(全世代対象)
特徴・第二新卒専用転職エージェント・20代の転職サイト
・無料の適職診断
・日本最大級の転職サイト
・キャリアアドバイザーの質が高い
プロフィール
このサイトを運営している人
ラッコ

・4年制大学出身
・新卒でIT企業へ就職
・当サイトでは、その経験を活かし、「若手社員のお悩みの解決策」をお伝えしていきます。

ラッコをフォローする
仕事の悩み
スポンサーリンク
若手社員のお仕事相談室