PR

【やりがいのない仕事でうつになる?】転職した方がいい3つのワケ

やりがいない仕事がストレス_アイキャッチ 仕事の悩み

「仕事にやりがいを感じない」

「つまらなすぎて(うつ)になりそう」

と、やりがいのない仕事にメンタルが壊れそうな人は少なくありません。

こんな仕事するためにこの会社入ったんだっけ…?

私も会社員時代は毎日、シャワー浴びながら ↑ こんなことばっかり考えていました。

そんな私は2年目で退職したのですが、仕事が原因でメンタルがキツいなら、環境を変えた方がいいです。

やりがいない仕事をダラダラ続けても、結局やめることになりますし、マジで病みます。

(冗談抜きで、社会人になって病んじゃうと、再起にかなりの時間を要しますので。)

本文では、やりがいのない仕事を続けるより「転職」した方がいい3つのワケを、経験談も交えて詳しくお伝えします。

「実はやりたいことがわからない」

こんなお悩みを解決する方法も合わせてお伝えしてるので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク
プロフィール
このサイトを運営している人
若手社員のお仕事相談室・室長 りょう

3万PVを含む2サイトを運営するブロガー
・新卒でIT企業へ就職→1年半で退職
・放置 / 雑用などでメンタル不調に
・悩む若手社員を救うべく、当サイト「若手社員のお仕事相談室」を運営

若手社員のお仕事相談室・室長 りょうをフォローする

仕事にやりがいがないのはしんどい

【実話】ミスの多い新入社員は辛い時期でした

仕事にやりがいがないのは、しんどいです。

成長してる実感もなければ、誰かの役に立ってる感覚もない。

これでは働く意味を見失い、しまいには自分を見失いかねません。

でも、

「お金もらえてるんだからいいじゃん」

と、同僚・先輩は指示内容をひたすらこなすことを苦にしないタイプだと、「自分が変なのかな」と不安にもなるでしょう。

もちろん、仕事の意味は人それぞれで、お金を優先する人もいれば、やりがいが大事な人もいます。

やりがいのない仕事からは転職すべき3つのワケ

なので、仕事は「自分が1番求めるモノを貫くこと」が重要です。

ということで、やりがいのない仕事からは転職すべき3つのワケをお伝えしていきます。

  1. 仕事が窮屈になる
  2. キャリアが停滞
  3. やりがいのない仕事は脳に悪い

それぞれ、詳しくみていきましょう。

①仕事が窮屈になる

まず、やりがいのない仕事をイヤイヤ続けると、仕事が窮屈になります。

これではシンプルにつまらないでしょう。

具体的には、上司からの仕事の依頼を断れず、結局やりたくもない仕事をやる羽目に…とか。

私の場合、やりたくないコトなのに、「やります!」としか返事ができない自分がイヤでした。

実際、『転職の思考法』いわく

選択肢を持ったうえで、対等な立場で相手と接するんだ。会社に対しても、友人に対しても同じことだ。選択肢を失った瞬間、仕事は窮屈になる

とのこと。

転職の思考法

だから、転職という選択肢を常に準備し、やりがいのない仕事に対等に向き合えるようにすべきなのです。

②キャリアは停滞

続いて、

つまらない仕事をしても、会社員として、そして「人」としての成長はあまりないでしょう。

勉強だって、雑談のうまい先生の方が授業が楽しくて、結果的に成績もよくなりましたよね。

社会人にとっての成績は「お給料」に該当しますが、やりがいの感じない仕事を続けて、あがるでしょうか?

「…」

まあ、なかなか厳しいですよね。

私なんか、

「同期の○○と違って、お前は最小の昇給な」

とか言われましたし。

こんな仕事で評価されたくねーわって感じでした。

③やりがいのない仕事は脳に悪い

また、『科学的な適職』には

人間のモチベーションがもっとも高まるのは、少しでも仕事が前に進んでいるとき

と、ありました。

科学的な適職

詳しくは本書をお読みいただければと思いますが、日常の仕事における「小さな結果」がモチベーションにつながります。

ゆえに、やりがいがなく、前に進んでいる感覚がないのなら、転職したほうがいいです。

無料会員登録はこちら
>>20代向け転職サイト『Re就活』

20代におすすめの転職サイト

とはいえ、

「実はやりたい仕事がわからない」

「向いてるコトがわからない」

と、悩む人もいます。

今の仕事はつまんないけど、何をすれば自分が楽しいのか、やりがいを感じるのかはわからない

といったところでしょうか。

やりたいことがわからない、なんだか不思議な悩みですよね。

さて、

自分のやりたいことがわからず悩んでるなら、「自己分析」できちんと自分と向き合いましょう。

ベタですが、これがベターです。

はい、冗談はさておき、どこかで自分と向き合わないと、やりたくない仕事を暮らしのためにダラダラ続けざるを得ない会社員になって終わります。

しかし、幸いにも昨今は転職サイトで、まあまあな質の「適職診断」を受けれたりします。

個人的なおすすめは、20代専用の転職サイト「Re就活」です。

Re就活では、登録するだけで、「適職診断」が受けられます。

所要時間:3分程度

正直、「めっちゃあたってる!」とまではいかないですが、仕事選びで参考にできる診断はできました。

20代専用の転職サイトなだけあって、未経験歓迎の求人も多く、一石二鳥なサイトです。

30秒で登録できます。

無料会員登録はこちら
>>『Re就活』公式サイト

さいごに

では、さいごにまとめです。

  1. 仕事が窮屈になる
  2. キャリアが停滞
  3. 好きなコトをする方が脳にいい

本文でもお伝えした通り、仕事はやりがいだけを求めてしまうと、ちょっとした違和感で「なんか違うな」と、モチベーションが下がりかねないので注意しましょう。

しかし、あまりにやりがいのない仕事を続けても、はっきり言って良いことは1つもありません。

(経験者は語る…です。)

もちろん、

転職すれば万事解決ではないですが、紹介した「Re就活」は適職診断も受けれるので、登録しておいて損はないと思います。

さて、今回は以上。

この度は、ありがとうございました!

ご紹介した転職サービス
>>Re就活

また、

当サイト「若手社員のお仕事相談室」では、他にもあなたのお悩みに寄り添ったコンテンツをご用意しておりますので、ぜひ関連記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました