PR

【社会人の勉強は意味ない?】むしろタメになる3つのワケ

教養

なんか勉強したほうがいい気がするけど、仕事に直結しないと意味ないかなぁ。

と、社会人のなかには、何か勉強した方がいい気がするけど、その勉強の意味を見出せないコトに悩む方は少なくありません。

他にも、上司から「勉強しろ」「資格とれ」と圧かけられてるけど、「そんな意味ないでしょ」と思う人もいるでしょう。

実際、yahooの知恵袋にも、こんな質問がありました。

社会人の勉強は必要ですか?

遊んだほうが楽しくないですか?

勉強の意味、に悩む人って意外と多いみたいです。

そこで、本記事では「社会人が勉強する意味」についてお伝えしますが、主張は以下の通りです。

社会人の勉強に意味はある。
けど、確かに意味のない勉強もある。

私の会社員時代にしていた「無意味な勉強」も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
プロフィール
このサイトを運営している人
若手社員のお仕事相談室・室長 りょう

3万PVを含む2サイトを運営するブロガー
・新卒でIT企業へ就職→1年半で退職
・放置 / 雑用などでメンタル不調に
・悩む若手社員を救うべく、当サイト「若手社員のお仕事相談室」を運営

若手社員のお仕事相談室・室長 りょうをフォローする

社会人はただの勉強では意味がない

どうでもいいことを指摘する人の心理

まず、個人的には「社会人の勉強は意味がない」というのは一理ある、と思います。

そのワケはというと、

知識のコモディティ化が進んでる

知識のコモディティ化、にあります。

コモディティ化とはカンタンにいうと、一般化、すなわち知識による差別化がしづらい世の中になってきたよね、というコトです。

学生の頃は、鎌倉幕府の初代将軍を覚えるコトに価値があったけど、大人の今は検索すればいいので、覚えていてもそこまでの価値はないですよね。

なので、資格をとるために語呂合わせで知識を詰め込む、みたいな勉強をしてもあまり意味がない、と思います。

  

(とか言いつつ、私は会社員時代「資格手当」のためにそういう勉強をバンバンしてました。資格をとっても仕事できるようになったワケじゃないし、今は全然覚えてません…。)

それでも社会人が勉強する3つの意味

それでも、社会人が勉強する意味はあります。

勉強だけでなく、勉強の習慣が自分を助けてくれることも。

ということで、本項では社会人が勉強する意味についてお伝えします。

社会人が勉強する意味
  1. 知らないからできない、を卒業できる
  2. 情弱にならない
  3. 意外なところでヒントを得られる

順番にみていきましょう。

①知らないからできない、を卒業できる

まず、勉強する習慣があることで「知らないからできない」というフェーズを卒業できます。

学ぶクセがある人は、知らないコトを知らない、で片づけることがないからです。

よくいるのが、

「転職したい!」

「けど、やり方がわからない」

「職務経歴書の書き方がわからない」

と、調べもせずに、嘆いてる人。

ちょっと残念な人ですが、勉強する習慣があれば、まず検索して本読んで、転職した人に訊いてみて、実際にやってみて…。

と、どんどんチャレンジできるんですよね。

なので、社会人が勉強する習慣を持っておくことは意味があります。

  

②情弱にならない

また、勉強していないと「情弱」になりかねません。

聞こえの良い情報だけを鵜呑みにするようになるからです。

具体的には、

「知らない」

「調べるのも勉強するのも面倒」

「だから、あの人が言ってたことが信じちゃお」

みたいな。

この場合の「あの人」とはフォロワーが多い人、とかですかね。

お金の勉強をしていない人が、聞こえの良い儲け話に騙されるのは、いまだにあります。

③ヒントは意外なところにある

また、人生のヒントは意外なところにあります。

刑事ドラマでも、単なる食事のシーンで「奥さんの一言」がきっかけで「そうか!」と、ひらめくシーンありますよね。

日頃からコツコツ勉強してれば、そういうひらめきが起こる可能性が高くなるでしょう。

社会人は何から勉強を始めればいいか

さっきから「勉強」「勉強」と言ってますが、じゃあ具体的に何をすればいいのでしょうか。

教科書読んで、ノートに書いて…

そういう勉強では、検索すればわかる情報にしかたどり着けない、と前述しました。

では、なにをすればいいか。

というと、まずは「本を読む」ことをおすすめします。

「えっ、読書なんかでいいの?」

と思う方もいるでしょうが、その読書なんか、でもやってない人の方が圧倒的に多いです(笑)

電車とかみても、ゲームやったり、SNSチェックしてる人だらけ、ですよね。

だから、本を読むだけでも差がつきます。

  

とはいえ、本を読むといっても、ビジネス書なんかだと1冊で1,700円くらい、とそこそこな夕食代くらいします。

大した内容じゃなかったら嫌だな、と思いますよね。

そこでおすすめしたいのが「kindle unlimited」です。

kindleの特徴

kindle unlimitedは、本のサブスクなのですが、月980円で200万冊以上が読み放題。

もちろん、

読みたい本全部読めるワケではなかったですが、ビジネス書から小説まであり、ボチボチ満足でした。

iPadなくても、スマホでも読めるので。

  

初めの1ケ月は「無料」でお試しできるので、おすすめです。

>>kindle unlimited 30日間無料の詳細を見る

さいごに

では、さいごにまとめです。

本記事のまとめ
  • 社会人の勉強は意味がある
    • が、意味のない勉強もある
      ex)ただ覚えるだけ
  • 社会人が勉強する意味
    • 知らないからできない、を卒業できる
    • 情弱にならない
    • 意外なところでヒントを得られる

正直、勉強したから、本を1,2冊読んだから、と言って人生が劇的に変わるコトはないでしょう。

そもそもいい本に会える確率も、そこまで高くないですし。

でも、継続は力なり、という言葉通り、続けていればちょっとしたヒントがもらえるし、何もしてない人に差がつくでしょう。

それに「社会人の勉強」について、ここまで記事を読むということは、それだけ「自分の成長」に貪欲な人、とも言えます。

これからガンガン本を読んで、思考のチューニングをしていけば、どんどん伸びていくでしょう。

(普通の人は、勉強なんて二の次で、チャランポランで生きてますから。)

ということで、今回は以上。

紹介した読書サービスはこちらです。
>>kindle unlimited 公式サイト

この度は、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました